MRI前に腹ごしらえランチ!

Pocket

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

(南生協病院:オーガニックカフェにんじん)

~~~~~~~~~~

2年半前・・・

~~~~~~~~~~

現職場に入職して2日目の出来事です。

朝からお腹の調子が悪く、お通じが良くないのかな?

とそのような重たい痛みがあり、休憩しながら子どもお弁当を作り、

こんな調子で出勤するのは嫌だなぁ、辛いなぁ

と思いながら、入職2日目でお休みなんて、それこそ言えない。

ようやくやっと採用された職場を退職なんてことになったら大変!と

痛いお腹を誤魔化しながら出勤し勤務していました。

~~~~~~~~~~~~~~~

毎日11:45~皆さんと健康体操を行います。

腹痛を悟られまいとしっかりと

体操のお姉さんのように綺麗に体操しました。

すると・・・

12:15昼食の支度の最中、腹痛が激痛になってしまい

立って居ることもままならない程に、仕方なくその場をさり気なく去り

職員ルームで横になっていたのですが、治まるどころか

痛みはどんどん増すばかりです。ヤバイ・・・どうしよう・・・・

もがき苦しみ、息も絶え絶えになり

結局早退し、受診することになりました。

時間が中途半端で行きつけのクリニックではなく

職場から近隣の総合病院である南生協病院へいったのですが・・・

~~~~~~~~~~~

病院での処置は時間外ということで、とりあえず痛み止めの点滴をされました。

それにより幾分か楽にはなったのですが、

女性 → 腹痛 → 婦人科系

と連想されるようで、お腹が痛いというのに、婦人科の検査をしました。

すると、20年前にも患った、卵巣嚢腫が発覚。

しかも6センチを超えている為、翌日再受信することになりました。

その結果、MRIを撮り手術をするという方向ですすめて行くと言われ、

乗り気じゃなかった私は、それ以降病院へは行きませんでした。

~~~~~~~~~~~~

その時のお腹の痛みは、結局5日間程続き

行きつけのクリニックに診ていただいたら、

触診で1分足らずで「大腸炎です。」って

整腸剤で治りますから出しときますね、って。

卵巣がどうのこうのよりも、腹痛に悩まされていただけに

南生協病院の診察に不信感を抱く結果となりました。

~~~~~~~~~~~~~~

それから2年半の今日、婦人科を受診。

卵巣嚢腫は7cmになっていました。

女医さんにこっぴどく叱られました。

~~~~~~~~~~~~~~

40歳を超えてからの嚢腫は、癌になりやすいそうで

10cmになればその確率が増すのだとか、

しかも、今回7cmということで、捻転する可能性が大きく、

ほっといても半年、それ以上は保証できない。

今すぐMRIを撮り、手術の段取りをつけましょう。

ということになったのです。

MRIは午後6時から撮りますから、5時間前から食事はしないように。

と言われ、急いで昼食をとることに。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そこで、院内にあるオーガニックレストランで

スープセットランチをいただきました。

ranmi

玄米と、塩麹と芋のスープとおかず。

正直、タンパク質が一つもなく、野菜ばっかり

ヘルシーかもしれないけど、これで¥1000は正直

お高いのでは・・・・

タンパク質が欲しかった・・・・

でも、お一人様ランチには、ログ調の作りで

落ち着いていて、お子様ようのランチもあるので、

子連れでも気兼ねなくお食事できます。

検査結果を聞きに行く時、また寄るかも。ヾ(´▽`;)ゝ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://mothers-method.com/2016/10/25/mri%e5%89%8d%e3%81%ab%e8%85%b9%e3%81%94%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%ef%bc%81/trackback/

PAGE TOP