おばあちゃんの存在

Pocket

実母は10年程前に他界しいません。

そのかわり姑さんは元気です。

実母よりも10歳若いので、

出産の時など、本当に助けていただき

大変お世話になってきました。

現在は別居していますが、三男が幼稚園

を卒園する頃まで同居していました。

そのせいか、10人もいる孫の中で

うちの子が一番可愛いといって

現在も良くしてくれています。

*  *  *  *

子育ては責任があるけど、

孫はそんなの関係ないから

無条件にとても可愛い

とよく聞きますが、その関係性が

子どものストレスをオフにする。

そんな特効薬のような気がします。

というのも、

私が仕事で帰れないとき

姑の都合が良い日は夕食を

差し入れしてくれたり、

長男がいれば、車を出して

外食へ連れて行ってくれたり

気にかけてくれます。

今日も、

『今、お寿司差し入れしに行って来た

三男が何度も、ありがとう、ありがとう

って毎回言ってくれるから、差し入れる

かいがあって、とても嬉しい。』

というメールが来ました。

私には、ありがとうなんて

言ったことないのに、

おばあちゃんには素直に

自分の気持ちを表現できるのかな

親は、子どもに、期待を込めて

接してしまいがち、そのせいで

言ってはいけないことまで

吐き出してしまい、後から後悔。

でも、言われたほうは、

ごめんね、と言われたって

覚えているもんだし、

自信だってなくしてしまう。

そんな時、おばあちゃんに

『凄いね、偉いね、優しいね』

と褒め殺しにあえば、ストレスも

リセットされるんじゃないかな。

お姑さんでも、

おばあちゃんという存在が

居てくれて、良かった。

感謝!感謝!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://mothers-method.com/2017/03/26/baba/trackback/

PAGE TOP